フリーローン比較サイト

ローンと変動金利

住宅ローン利用で迷うのが、ローンと変動金利と固定金利のどっちが有利か?ということですね。 多くは、返済当初の返済額によって迷うことがあるのではないかと思います。 変動金利の場合は、一般的に考えて、長期固定金利よりも、金利が低いため、毎月の返済額が低くなります。 たとえば、35年で返済するプランで、2000万円のローンを組んだ場合で考えると、変動金利が1%だと、月々56,457円返済、固定金利を3%とすると、月々76,980円となります。 つまり、20,000円もの差がでてくるわけです。これだと迷いますよね。月々が楽な方がよいか、将来の変動を考えて固定にしたほうがよいのか。

ここで、金利が下がると思うので有れば、変動金利を選び、その反対に、金利が上がると思うのであれば、固定を選ぶのがよいでしょう。 また、変動金利にはルールがあるので、そこを把握しておくことが大切です。まず、変動金利は半年ごとに見直しが行われます。そして、返済額は5年間据え置きです。 さらに、返済額が変わるという場合は、前の返済額の1.25倍が限度ということになります。

ただし、ここだけ見ると変動がとても有利に思えますが、4年目から変動金利になった場合、返済利息がとんでもないことになります。 しかも、さらにふくれあがってくるという、怖い結果が待っています。ヘタすると、ずっとローンを返し続けなければいけないといったことになりそうです。


ローン関連サイトはこちら

じぶん銀行カードローン審査!即日融資申込み
じぶん銀行カードローンの審査ポイントは?通過したい人は必見!
押させておくべき3つのポイントを紹介しています。
www.ginkou-cardloan-shinsa.com/

Copyright (C) フリーローン比較サイト All Rights Reserved