お金借りる方法

\即日でお金借りる方法なら/

トップページ

「今すぐお金借りたい!」
「誰にもバレずに借りたい!」
「金利安いところで借りたい!」
「どうしても今日中にお金が必要」


こういった悩みをお持ちの方へ。
こちらでは今すぐお金が必要な方のために、安心安全にお金を借りる方法をご紹介しています。

今日中にお金借りたいなら、即日カードローンがおすすめです!

お金を借りれる所はいくつもありますが、申込から審査、借入までの時間が早いのが消費者金融のカードローンです。

実は大手の消費者金融を利用することは思っている以上に安心・安全で、特に初めての方にとってはおすすめの借り方です。

はじめてなら30日間利息0円で借りれます!

消費者金融のカードローンを選ぶメリットとして、最大30日間無利息で借りられるサービスがあります。

金利が低いと言われる銀行カードローンですが、消費者金融なら30日以内に完済することで金利0円で借りれます。少額融資を希望する方には、どちらがお得に借りれるのか一目瞭然ですね。

\今すぐお金借りる方法なら/
即日カードローンがおすすめ

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある20歳以上69歳以下の方ならお金が借りれます。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要となります。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

即日融資にも対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    お申し込み時間によっては翌日になることも。ご注意ください。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます。
  • 初回は30日間利息0円

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

最短30分審査で即日融資!
楽天銀行口座があれば即振込
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    楽天銀行の口座をお持ちの方なら、24時間いつでも振込融資OK。14時までに手続き完了で、その他の銀行でも振込融資ができます。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 初回は最大30日間無利息
  • PC・スマホで今すぐ申し込みOK

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐ申し込みが可能。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」を用意してください。
顔写真がない書類の場合には「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要となります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

【返済について】
アコムは、契約時の借入限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。
たとえば、限度額50万円で10万円借りた場合、毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

まとめ

こちらでは、初めての方でも分かりやすいように即日でお金を借りる方法をご紹介しました。

こちらでご紹介している大手カードローン会社なら、来店不要で24時間365日いつでもネット申し込みが可能です。お急ぎの方、誰にもバレずにお金を借りたい方にもおすすめのカードローンとなっています。

一番早いところでは、最短1時間で借り入れが可能となっているので、お急ぎの方はぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

お金借りる方法Q&A

こちらでは、お金を借りる方法が気になっている方によくある質問と答えを、Q&A形式でまとめてご紹介しています。

初めての借り入れで不安な方、一番安心して借りれる所を探しているという方など、ぜひこちらの情報を参考にしてみて下さい。

Q. 審査なしで即日でお金借りる方法ってありますか?

A. 探せば見つかるかもしれませんが、大手銀行や大手消費者金融では必ず審査があります。

反対に審査なしで借り入れできる所というのは、闇金や悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。簡単に安全に借りれるところは無いと思ってください。

ちなみに、消費者金融より銀行カードローンのほうが、金利が低いことなどから審査が厳しいと言われています。

Q. お金借りるなら金利が安いところが良いです。低金利で借りれる所でおすすめはありますか?

A. 安い金利でお金を借りたい方には、大手の消費者金融をおすすめします。

実は銀行カードローンの方が金利が安いですが、こちらでご紹介している大手消費者金融なら、最大30日間利息0円で借りれるお得なサービスがあるんです。

無利息(金利0円)で借りれる期間のあるカードローンの中でも特におすすめなのが、こちらでもご紹介しているプロミスです。

一般的には無利息期間が適用されるのが契約日の翌日からというケースが多い中で、プロミスの場合は初回借入日の翌日から無利息期間が適用されるというメリットがあります。 このプロミスのサービスにより、いざという時のために事前にプロミスに申し込みしておくという事も可能になるため、評判の良い安心カードローンとなっています。

Q. 低金利な銀行から借りるのもいいけど、とにかく早く安全にお金を借りる方法が知りたいです。教えてください。

A. お金を安全に借りたい場合には、大手の消費者金融を利用するのがおすすめです。

消費者金融といっても色々な会社がありますが、テレビCM等でよく見かける大手の消費者金融なら、即日審査でなおかつ安心安全に借りることができます。

大手消費者金融のほとんどが、パソコンやスマホを使っていつでもWeb申し込みができ、審査が早いのが特徴です。また、実は消費者金融は法律により年収の3分の1までしか借り入れできないため、消費者金融であれば多重債務になるのを防ぐことも可能です。

初めてのカードローン利用で審査が不安な方には、公式サイトにて借入可能か診断できる仮診断を行なっている所もあります。今日中に安心して借りれる所をお探しなら、大手の消費者金融に申し込みしてみてはいかがでしょうか。

お金借りる方法の基礎知識コラム

個人事業主になったのは数年前からですが、波のある仕事なので、良い収入が入ってくるときもありますしその逆もありますね。アクシデントで、ディスプレイに不備が出てしまったので、急ぎでパソコンを用意しなければならず、キャッシングを利用したいと思っています。


過去にローンの審査などをしたことがなく、いまいちよくわからないのですが、正規雇用者ではない場合にも利用できるでしょうか。

キャッシングの際にクレジットカードの枠を使ったことがある人は人数的にはとても多いものだと思うのですが、余裕を持って返済出来る分を借りたと思っていたのに期日になったときに結局お金が不足してしまい返せなくなってしまうことも無いとは言い切れません。こういった困った状況に陥ってしまったならば現在の返済方式からリボルビング払いへチェンジすることでとりあえず少額の返済で済ませることも出来たりします。



返済分で圧迫されて生活が苦しくなってしまったら、リボルビング払いが助けになってくれるはずです。キャッシングの利子は借りた金額によって変化してくるのが一般的です。借り入れ金額が少しだと高額利子になりますし、多いと利子は低くなります。ですから、複数から少なく借りるより、まとめて一つの機関から借入れた方が得なのです。

キャッシングは曜日に関係なく利用できます。

基本的に、消費者金融は休日だからといって営業を停止するようなことはありえません。元旦や大晦日以外、年中無休で朝9時から夜9時までを営業時間と定めているキャッシング業者が多いです。

当たり前のことですが、この時間は借入の申込も可能ですから、たとえキャッシングをしたい日が日曜日であっても、午前中に申し込んでおけば、即日でお金を手に入れることができます。


様々な業者で取り扱ってはいますが、カードローンを選ぶなら、大規模な業者を利用するのがおすすめです。

中小クラスに比べると利便性の良さが際立ちます。申込がインターネットや自動契約機でも完了し、コンビニATMから借入や返済が出来るので、全国どこででも利用でき、期間内であれば無利息になるサービスも用意されています。業者によって異なるサービスをその多くが行っているので、手始めに大手のサービスなどを比較してみるといいですね。お金を借りるには審査というのがあり、それに通らないと借金をする事は出来ません。


個々の消費者金融で審査のラインは違うので一概にどのような事に気をつけたなら通過しやすいかというのは言えませんが、年収が大変関係しています。
キャッシングの利便性は多くの人が認識していると思いますが、ひとたび返済を滞らせると裁判所の差し押さえを受けることもあるので注意が必要です。



一般的に差し押さえられるのは預金口座や給料の場合が多いですが、給料なら最大で4分の1、つまり20万円の給料なら5万円までが差し押さえ対象になります。あなたが年金生活者の場合、問題はさらに深刻で、年金の振込先口座が差し押さえの対象として指定された場合、そのまま年金の全額を押さえられてしまうこともあるのです。
そんなことにならないように、くれぐれもキャッシングは計画的に利用するようにしてください。



消費者ローンによって審査基準は異なりますが、大きめの消費者金融の場合はそこまで大差はありません。大きな差異が出るのは中小規模の消費者金融です。

大手の消費者金融と比較して審査基準が厳しいと誰も大きくはない消費者金融からお金を借りたりはしないでしょう。


これを言うと批判されるかもしれませんが、世間一般の借金することは体裁悪い、みっともないという風潮は、ちょっとおかしいように感じます。滞納と借金のイメージを完全に同一視しているのではないでしょうか。正社員以外で働く若年層や女性も、生活や自己投資などで一定のレベルを確保したいと思うのは当然です。そこで計算しても足りない部分を借金に頼るのであれば、むしろ自助努力の一環だと思うのです。借り入れを奨励しているわけではありませんが、借金苦と借金は別物だと周囲も認知すべきです。また、明るい気持ちで利用できるよう、金融業者でもサービスやイメージアップに配慮することが必要でしょう。

お金に関するお役立ち情報

\お金を即日で借りる方法なら/
即日融資NO.1のプロミス

お金を即日で借りるなら↓